キービジュアル

DEPARTMENT
診療科・部門・センターのご案内

診療技術部 薬剤科

当院への就職をお考えの方へ

個別見学

ご都合に合わせ、個別の見学が可能です。
お気軽にご連絡ください。

お問合せ先:
toujun-pharmacy@jiseikai-phcc.jp

当院薬剤科の業務には、調剤業務(内服薬、外用薬、注射薬)、無菌製剤調製、薬剤管理指導業務などの病棟業務、医薬品管理業務、医薬品情報(DI)業務などがあります。
患者さんに安心して薬物療法を受けていただくために、医師・看護師・コメディカルなどと連携してチーム医療に参加し、医薬品の適正使用に努めています。

調剤業務

主に、入院中の患者さんに使用される内服薬や注射薬について、用法・用量が適正か、飲み合わせに問題はないか、投与方法や速度は適正かなどを確認して調剤しています。
また、外来・入院ともに、がん化学療法を施行している患者さんに投与される注射抗がん薬は、すべて薬剤科でその内容をチェックして、適正使用に努めています。

混注業務

当院ではクリーンベンチ・安全キャビネットを備えており、高カロリー輸液をはじめ、注射抗がん薬や制吐薬などの支持療法薬の混注業務、関節リウマチや気管支喘息に用いる分子標的薬の溶解・調製を行っています。特にがん化学療法においては、薬剤師がレジメンの説明から副作用マネジメントまで幅広く関与し、安全で適正な治療に貢献しています。外来がん化学療法においては、がん患者指導管理料3を算定しています。

薬剤管理指導業務

薬剤師が病室へ伺って、薬の正しい服用方法や服用の目的などを説明しています。
また、薬や治療に対する不安や疑問にお答えするなどして、患者さんが安心して薬物療法を受けていただけるように努めています。

病棟薬剤業務

病棟に薬剤師を配置し、処方設計・処方支援、副作用回避のための処方確認、持参薬鑑別、医師や看護師からの薬物治療に関する質問や相談などに対応しています。患者さんの自覚症状や検査データを確認するなどして、薬の効果の確認や副作用の早期発見にも努めています。また、TDMが必要な薬剤(バンコマイシン等)の投与設計や血中濃度の解析にも取り組んでいます。さらに、病棟カンファレンスにも参加して、薬物療法の責任者として薬学的な視点から治療方針の決定に関与しています。 このほか、栄養サポートチーム(NST)、感染制御チーム(ICT)、褥瘡回診などにも参画して、チーム医療の一員として医師・看護師など他職種と連携を取りながら業務を行っています。

医薬品情報(DI)業務

医薬品が適正に、かつ安全に使用され、薬物療法の効果を最大限発揮させるために、必要な情報を収集・検討し、医師や看護師へ提供しています。
また、医師・看護師・コメディカルなどからの質問にも対応しています。

医薬品管理業務

医薬品が適正に、かつ安全に使用できるように、在庫管理はもとより保管方法・有効期限の確認など、品質の管理をしています。
また、治験薬管理、血液製剤管理、医療用麻薬管理なども行っています。

実績

平成31年度
薬剤管理指導件数 1,050件
高カロリー輸液調製件数 826件
注射抗がん薬調製件数 547件
処方箋件数
入院処方箋 31,080枚
入院注射処方箋 36,410枚
外来処方箋 2,523枚
外来注射処方箋 6,368枚
麻薬処方箋 2,461枚

交通アクセス

〒 121-0075 東京都足立区一ツ家4-3-4

診療受付時間

  • 午前 8:30~12:00(診療時間 9:00〜12:30)
  • 午後 13:00~16:50(診療時間 14:00〜17:00)

休診日

日曜日・祝日

PAGE
TOP