キービジュアル

INDICATORS
平成29年度 病院指標

平成29年度 社会医療法人社団慈生会
等潤病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数
ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 18 36 47 118 202 382 731 694 168
退院した患者様の人数を10歳刻みの年齢階級別で集計しております。年齢は入院日時点の満年齢です。
当院は地域に密着し幅広い年齢の患者様に医療を提供しておりますが、年齢構成の特徴として、70歳以上の高齢者が多く入院しており、全入院患者の約60%を占めております。

10未満の数値を「-(ハイフン)」として表示しております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 109 29.21 20.83 11.93 83.11
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 43 23.93 12.34 9.30 78.28
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 28 3.36 3.59 0.00 70.82
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 27 27.78 19.65 11.11 76.22
0400801499×002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なしA-DROP スコア2 22 14.73 15.12 0.00 83.64
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 48 6.96 7.40 0.00 60.00
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 43 12.63 8.98 0.00 70.49
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 39 5.72 5.50 0.00 49.54
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 32 7.03 7.87 6.25 58.69
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 31 7.58 7.39 3.23 67.10
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 142 2.15 3.30 0.00 73.04
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 81 2.47 4.62 0.00 74.05
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 49 2.16 3.19 0.00 73.76
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 10 2.10 5.68 0.00 74.10
050130xx9910xx 心不全 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 15.87
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 22 67.45 27.09 0.00 82.95
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病なし 16 61.44 19.94 6.25 80.50
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 25.09
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2なし 19.97
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 5.21
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 13 16 1 7
大腸癌 16 10 10 19 1 7
乳癌 13 1 7
肺癌 13 16 1 7
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌(胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌)と呼ばれる患者様の人数を初発(UICC病期分類)・再発(病期分類にかかわらず)別に集計しております。

「初発」とは、当院において当該腫瘍の診断、あるいは初回治療を実施した場合を指します。
「再発」とは、当院・他院を問わず、初回治療が完了後に当院にて診療した場合や、癌寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移を来した場合を指します。

UICC病期分類別とは、UICC病期分類国際対がん連合によって定められたもので、3つの構成要素(T-原発腫瘍の進展範囲、Nー所属リンパ節転移の有無と進展範囲、M-遠隔転移の有無)の評価に基づいて各癌をⅠ期~Ⅳ期の4病期(Stage)に分類するものです。

≪病期分類の見方≫
  Stage0・・集計対象外。
  StageⅠ・・がんの腫瘍が少し広がっているが筋肉の層まででとどまっている。転移していない。
  StageⅡ・・StageⅠの筋肉の層を超えて少し浸潤(広がること)している。または、リンパ節に少し転移している。
  StageⅢ・・がんの腫瘍がstageⅡより更に浸潤しており、リンパ節転移もみられる。
 StageⅣ・・がんの腫瘍が、離れた他の臓器やリンパ節へ転移している。
 不明・・詳しい検査を他院で行ったり、症状の緩和や経過観察を目的として入院した患者様の人数。

10未満の数値を「-(ハイフン)」として表示しております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等
ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 16 10.13 61.69
中等症 55 18.93 78.13
重症 18 23.61 79.28
超重症 5 15.20 82.40
不明
市中肺炎とは、病院外で日常生活をしていた人に発症する肺炎です。成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類を用いて集計しております。
この指標では、細菌、ウイルス、真菌などの病原体が原因の肺炎を集計しており、食べ物等の誤嚥による肺炎、気管支炎などは集計対象外です。

重症度分類は下記の5項目に該当するかで評価します。
 ・男性70歳以上、女性75歳以上
 ・BUN(尿素窒素)21mg/dl以上、または脱水あり
  ・SpO2(酸素飽和度)90%以下(PaO2〈動脈血酸素分圧〉60Torr以下)
 ・意識障害あり
  ・収縮期血圧90mmHg以下
各項目1点とし、「0点:軽症」、「1-2点:中等症」、「3点:重症」、「4-5点:超重症」となります。

10未満の数値を「-(ハイフン)」として表示しております。
脳梗塞の患者数等
ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
40 67.40 78.53 5.00
脳血管疾患(脳卒中)は、大きくは脳の血管がつまる「脳梗塞」と、脳の血管が破れて出血する「脳出血」や「くも膜下出血」に分けられます。
この指標では、脳梗塞に該当する症例を集計しており、脳出血や脳梗塞に至らなかった脳動脈狭窄などは集計対象外です。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置 頭頸部その他に設置した場合
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル以上
K386 気管切開術
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 159 0.45 1.14 0.00 67.23
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 64 1.23 5.50 0.00 60.70
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 48 0.77 3.19 0.00 66.44
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル以上 25 0.24 1.48 0.00 69.80
K654 内視鏡的消化管止血術 24 1.00 12.00 4.17 69.13
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 66 0.44 1.35 0.00 74.32
K5463 経皮的冠動脈形成術 その他のもの 14 0.36 1.07 0.00 73.07
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 10 0.10 1.00 0.00 74.10
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 12 3.58 65.25 0.00 83.67
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 11 4.27 67.00 0.00 82.82
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝
K0732 関節内骨折観血的手術 胸鎖、手、足
K0463 骨折観血的手術 鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 13 0.50
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
この指標は、臨床経過上で起こり得る重篤な疾患(播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症)について、入院の契機となった傷病名の同一性の有無を区別して、対象患者様数と発生率を示しております。

10未満の数値を「-(ハイフン)」として表示しております。
更新履歴

過去の病院指標

交通アクセス

〒 121-0075 東京都足立区一ツ家4-3-4

診療受付時間

  • 午前 8:30~12:00(診療時間 9:00〜12:30)
  • 午後 13:00~16:50(診療時間 14:00〜17:00)

休診日

日曜日・祝日

PAGE
TOP