キービジュアル

Aquilion ONE™ / GENESIS Edition
320列エリアディテクターCTスキャナシステム

Aquilion ONE™ / GENESIS Edition

このたび当院では、320列CT装置を最新型320列CT装置(東芝メディカルシステムズ社製 AquilionONE GENESIS)へと更新いたします。
従来の320列CT装置でも被曝を低減した撮影を行って参りましたが、最新型の320列CT装置では、”FIRST”という新しい技術を使うことで現時点における最先端の被曝低減撮影を行うことが可能となります。この装置でしか実現できない最先端の3D撮影、4D撮影も可能となっており、より精密な画像情報をお返しすることができるようになります。患者さんの検査環境もさらに良くなります。開口径の大きなガントリーの採用、寝台の横移動などの新機能の搭載により、今まで体を動かすことがつらかった患者さんでもそのままの体勢でご検査を受けていただくことが可能です。

装置の特長

  1. 0.5mm幅の320列により0.35秒で16cmの範囲が撮影でき、心臓や脳全体では一度で撮影が可能です。
    心臓のような動く臓器の場合でも超高速に撮影しているため、ゆがみやひずみが生じません。
  2. 撮影時間が短縮できるため造影剤の使用量を低減できます。
  3. 心臓検査では今までの64列マルチスライスCTに比べ、1/4程度に被曝低減が可能です。
  4. 16cmの撮影範囲を何度も繰り返し撮影することで今までのCT装置にある形態診断にプラスして臓器全体の機能診断が可能になります。

頭部検査では

脳動脈瘤では形状や大きさを、くも膜下出血では脳動脈瘤が破裂した状態が描出でき、脳梗塞では血管の詰まり具合や血流がどの程度減少しているのかを迅速に把握できます。

循環器検査では

狭心症や心筋梗塞では冠動脈が石灰化やプラークによって詰まり、動脈硬化を起こします。
この冠動脈内の詰まり具合や血流がどの程度減少しているのかを迅速に把握できます。

がん検査では

放置すると死亡に至る可能性の高いがんを見つけ、このがんの血管造成・新生などの情報をこの検査で得ることによって、腫瘍診断や治療方法・効果の判定など、がん診断の向上が期待できます。
効果的な治療方法を確立できることで、救命が可能になります。

小児検査では

CT検査を受ける場合、鎮静剤や麻酔等を使用して眠らせて(動かないようにして)撮影をしていました。
泣いている新生児や状態が悪く動いてしまう可能性がある幼児でも、鎮静等をせずに検査が行うことが可能になります。
また、1度に16cmを撮影できますから従来検査では複数回撮影した検査も1度で終了することが可能になります。

最新の320列CTシステムで全身の検査が行えます。

この装置は身体の内部を一度に16cm見ることができ、かつその間隔は0.5mmです。
今までは細かく見るためには撮影時間が掛かってしまい、結果的に被曝も多くなってしまいました。
今回導入した最新鋭CT装置は16cmを撮影するのにわずが0.35秒。
頭部や心臓をはじめ、全身の各臓器でもあっという間に検査が終了します。
勿論、被曝も少ない状態で検査を受けられますので、小児や高齢者をはじめすべての患者さんにとって大変有用な検査を実現します。

世界最高性能のCT撮影・画像処理が可能です。

この装置は身体の内部を一度に16cm見ることができ、かつその間隔は0.5mmです。
今までは細かく見るためには撮影時間が掛かってしまい、結果的に被曝も多くなってしまいました。
今回導入した最新鋭CT装置は16cmを撮影するのにわずが0.35秒。
頭部や心臓をはじめ、全身の各臓器でもあっという間に検査が終了します。
勿論、被曝も少ない状態で検査を受けられますので、小児や高齢者をはじめすべての患者さんにとって大変有用な検査を実現します。

マルチスライスCT検査の適応

  • 脳・脳幹部の疾患
  • 腹部疾患
  • 整形外科疾患
  • 歯科系疾患
  • 肺・縦隔疾患
  • 心臓(冠動脈・心筋)疾患
  • 小児科疾患

設備一覧へ戻る

交通アクセス

〒 121-0075 東京都足立区一ツ家4-3-4

診療受付時間

  • 午前 8:45~12:00(診療時間 9:00〜12:30)
  • 午後 13:00~16:45(診療時間 14:00〜17:00)

休診日

日曜日・祝日

PAGE
TOP