キービジュアル

School for adultおとなの学校

ページ内のコンテンツ一覧

おとなの学校について

おとなの学校とは

介護施設内で高齢者の方々は、周りの方々と遊びたい時もあれば学びたい時もあり、自立意識や生活意欲を高めることを目的とした、いわゆる「学校」をコンセプトとしたカリキュラム。認知症緩和が期待される回想法を取り入れた「おとなの教科書」という外部教材です。
毎月約60ページの「教科書」が利用者さん一人ひとりに配布され、教科書にはさまざまな科目が掲載されておりますが、どの教科も回想法を元に編集されています。
職員が先生役となり、授業の教科科目は、国語・算数・理科・社会・英語・音楽・美術・家庭科・保健・体育と10教科の教科書形式。
どの教科も回想法をもとに編集され、重度の認知症高齢者の方が参加しても、数多くの発言を引き出しながら、その方の生活意欲を引き出すことができます。

特長

POINT 1

学校生活を再現した空間で、
いつも「ありがとう」と「おめでとう」が溢れています。

POINT 2

同じ仲間と共に学び、生活をともにすることで利用者さんの意欲を引き出します。

POINT 3

授業は知識を学ぶのではなく、昔のことを思い出す『回想法』となっています。そのため、認知症がある方でも授業に参加できます。

時間割例

職員が先生役となり授業のような形式で行いますが、決して堅苦しいものではなく、利用者さんからお話を引き出すように進めていきます。
時間は1コマ30分。教科は国語、算数、理科、社会、英語、美術、音楽、家庭科、保健、体育です。

授業の様子

みんなの介護のサイトにおとなの学校の授業時の様子が掲載されました

施設⾒学も⾏っていますので、
ご興味がある⽅はお問い合わせください。

PAGE
TOP